シールド工事 | シールド工事・推進工事、地盤改良は大起工業にお任せください。

シールド工事

シールド工事とは、シールドマシンと呼ばれる筒状の機械で土の中をゆっくり掘り進めていくもので、前方の土砂を削り取りながら、掘った部分が崩れてこないようにマシンの内部でセグメント(トンネルの外壁となるブロック)を
組み立てて進んでいく工事です。

シールド工法は、掘削機本体が組み立てられたセグメントを反力にして、掘削しながら前進していくため、大口径の掘削が可能で、施工距離の制限がありません。一般に大口径(掘削外径1.8m~10m)で、その延長は500m~5,000mの地下トンネルに採用されています。シールド工事は、縦に深く掘削し建てられた発進立坑(シールドマシンの出発地点)から、到達立坑(シールドマシンを解体して撤去する最終地点)に至るまでのとても長い距離を、地中の奥深くで行います。

近年では、局地的な集中豪雨による浸水被害の対策として、一時的に雨水を貯める雨水貯留官(直径約3~5m)の建設にも用いられます。また、掘削作業と同時にセグメントを組み立てて覆工作業をしていくため、軟弱な地盤でも安全性が高く、施工期間も短縮されます。

しかし、事前の設備も比較的大掛かりで広い基地が必要です。また市街地では防音ハウスの設置が必要となります。

<主な採用実績>
・地下鉄 ・下水道 ・導水路 ・トンネル

構造物の建設には、「より安全」「より高い品質」「適切な工期」「優れた技術力」「最先端の施工」が求められそれに応えてきました。あらゆる条件に対応するために、技術の研究を積み重ねて、最適な工法を用い、交通量の多い路面下・河川・運送交通軌道の下、その他の地下工事に細心の注意と安全の確保を怠りなく、常に当社は安全精度向上に心がけています。

シールド工法は、日々進歩し続け、様々な技術の研究を重ねられています。
これからも大起工業は、築き上げてきたノウハウを生かし、未来に繋がるトンネル建設をして参ります。