推進工事 | シールド工事・推進工事、地盤改良は大起工業にお任せください。

推進工事


推進工事とは、推進管(鉄筋コンクリート管・鋼管・ダクタイル管など)と呼ばれる円筒状の管を推進機と一緒に発進立坑内に設置したジャッキの推力により直接地中に圧入し、管内の土砂を坑外に搬出し管を接続しながら地下に埋設する工事です。

推進工法は比較的小口径(掘削外径0.2m~3.5m)で、その延長は10m~500mまでの工事に採用されています。事前の設備も簡易で基地も100㎡以内で施工できます。

<主な採用実績>
・上下水道 ・電気 ・ガス ・その他のライフライン

開削工法と推進工法

開削工法とは、地盤を直接掘削して、下水道管などを埋設していく工法です。掘削深さが浅いところで用いられる、一般的な工法です。土木工事は「土と水との闘い」といわれますが、わが国の初期の地下鉄工事は、開削工法が導入されていました。最近は技術が進歩し、従来は困難だった軟弱地盤でも開削が可能となり、工期も短縮されてきました。

しかし、掘削深さが深いところや、交通の激しいところなど、開削できない特殊な事情のあるところでは、開削工法では限界が生じます。都市の過密化や大深度に近い地下鉄トンネル建設など、交通量の多い場所、地下埋設物が支障になるときは、推進工法を用います。

地面を掘り起こして管を設置する「開削工法」に対して「推進工法」や「シールド工法」は「非開削工法」と呼ばれています。

推進工法とシールド工法の違い

推進工法は、発進立坑(工事の出発地点)に設置したジャッキの推力により、推進機や推進管を直接前進させていくのに対し、シールド工法は、掘削機本体が組み立てられたセグメントを反力にして、掘削しながら前進していきます。
管路の距離や施工規模などによって、どちらの工法でおこなうか比較検討されます。

構造物の建設には、「より安全」「より高い品質」「適切な工期」「優れた技術力」「最先端の施工」が求められ、大起工業はそれに応えてきました。あらゆる条件に対応するために、技術の研究を積み重ねて、最適な工法を用い、交通量の多い路面下・河川・運送交通軌道の下、その他の地下工事に細心の注意と安全の確保を怠りなく、常に当社は安全精度向上に心がけています。

私たちの生活に必要な、上下水道・電気・ガス・その他のライフラインは地下に埋蔵されています。
大起工業は、「優れた技術力」で、みなさまの快適な生活をこれからもささえつづけて参ります。